自動ドアのトラブル解決

スーツの男の人

自動ドアは今や多くの建物に設置されています。自動ドアの突然なトラブル時には、自動ドア修理の専門会社に依頼しましょう。トラブルを迅速に解決してくれます。またメンテナンスサポートも充実しています。

More Detail

安全を保つ

ジャケットの人

かつての日本の住宅と言えば一戸建て住宅や長屋が一般的でした。特に一戸建て住宅は社会人のステータスと言われました。しかし、近年ではマンション等の高層住宅が社会的地位のシンボルとして非常に需要が高まっています。高層マンションは景観が非常によく耐震性も十分に強化されている上、各種設備が備えられていることが魅力ですが、エレベーターは必須の設備と言えます。特に高層である程エレベーターは欠かせません。エレベーターは利用頻度が高い機器ですから、安全確保のために法定検査や定期検査等の各種保守検査が必要です。一般的には所有者やマンション自治会が保守管理会社と契約を結び、費用はエレベーター1基単位の保守契約で数万円となります。

エレベーターのメンテナンス管理と言っても常に作業員が近くに常駐して安全確保を図る訳ではありません。近年のエレベーターメンテナンス管理会社の多くは遠隔監視システムを構築して実地検査は数か月毎にすることで経費削減が図られています。保守管理契約は、どの程度の業務を依頼するかに応じて価格は変わってきます。各種機器の定期点検等は勿論、消耗・経年劣化する機器・部品の修理・点検等、エレベーターの保守管理を全て委託する場合が最も高額になります。しかし、日本製のエレベーターは優秀と言われていて特に新築物件ではあまり故障がないため、フルメンテナンス契約は割高と言われますので、最近では当初は業務内容を限定した契約を選んで築年数が経過してから全面的な保守管理を依頼することで価格を抑制する傾向にあります。

動線を確保する

集合住宅

玄関口である出入り口に機械が関与するということは、故障する部分も増えるということであり、適切な管理が必要です。もしも自動ドアが壊れた時には、修理業者を呼んで直して貰う必要があります。

More Detail

自己解決する可能性

男性

自動ドアが開閉しないと中に入ってくることができません。そこで、自分で掃除をしたり、電源が入っているかを確認したりすることで専門業者に連絡する前に問題解決できることがあります。

More Detail